ピアノ      
聴くことからレッスンが始まります

文字より言葉が先であるように、スズキ・メソードでは最初は親しみやすい曲を何度も何度も繰り返し聴くことから始めます。
読譜はある程度楽しんで弾けるようになってから、少しずつ始めます。
無理なく、自然に、遊び感覚で・・・
これは従来のメソードでは考えられないことでした。
大切なことは、「自分もやってみたい!」という気持ちです。
意欲が生まれて初めてレッスンが始まります。


              
自信が持てるようになります 卒業制度があります
耳で聞いたことをすぐに弾くことになるので、短時間で曲が弾けるようになり、いつでも、どこでも、弾ける事が自信につながります。
他の楽器(バイオリン・チェロ・フルート)がいつも身近にあり、お友達の演奏を見たり、聴いたり、一緒に演奏も出来ます。
子供達の意欲作りのために、創始者の鈴木鎮一が、卒業制度を考案し、「前期初等科」から、「研究科第3期」までありその間、10年から15年と課題曲を目指し、CDを聴き、お友達の演奏を聴き、毎年その目標に向かって頑張ります。
 ピアノ科担当指導者
《月曜日》 
《火曜日》 
《水曜日》 
《木曜日》 
《金曜日》 
《土曜日》
 
森口 和代
桃原 知子
神田 淳子
桃原 知子
桑原 絵梨奈
馬島 未有